葉酸サプリの葉酸量の測り方ってしっていますか?

 

 

 

葉酸サプリは、あなたもご存知の通り赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減させる
ために厚生労働省から摂取が推薦されています。

 

ただ、今市販のものでも20個以上の葉酸サプリが市場に出ています。
この写真は実際に私がいままで試したものです。

 

この中でも実際に添加物量が多いものもたくさんありました。

 

葉酸サプリは合成のもの天然のものどちらが安全か?
っていうことをネット上でよくみますが、
天然・合成よりも気にしないといけないのが、
添加物が入っているのかどうかです。

 

添加物は、ものによっては赤ちゃんの先天性異常にもつながったり
アレルギーを引き起こす可能性もあります。

 

 

ネイチャーメイド葉酸サプリは本当に安全なのか産婦人科で聞きました。

 

 

 

800円くらいで購入できるし、1回の摂取量が2粒だけで済むという所も魅力で私は、ネイチャーメイド葉酸サプリって妊婦さんの強い味方!?と思って飲んでいました。

 

妊娠中期でお腹が少し大きくなってきた時に、健康診断の時に実際に担当の産婦人科の先生にネイチャーメイド葉酸サプリを見せました。

 

担当の先生のアドバイスは?

担当の先生は、あまりにも安い葉酸サプリは辞めておいた方がいいという事でした。
DHCやネイチャーメイド葉酸サプリは、とても安くて手ごろですが、その裏側に何があるのか?という事を
よく考えて欲しいと言われました。

 

例えば、カップラーメンは100円出せば食べれますよね?でもこれって本当に安全なのでしょうか?
違いますよね、安く作るために原料などもかなり抑えて化学調味料を使っていますよね。
これと同じで葉酸サプリも安いものは安いだけの理由があるという風に言われ、安さと表上の数値に固執していると、
必ず危険なリスクがある事を知りなさいという風に注意されました。。。

 

確かにそうですねよね・・・。
安くて消費者が商品を購入できる事はうれしいのですが、その裏側を見ないと行けないですよね・・・。

 

 

葉酸サプリの添加物の割合を調べる方法とは?

 

 

ここでは誰でもわかる添加物量の測り方を紹介したいと思います!
添加物の測定方法は簡単です。
錠剤の重さ から 栄養成分 を引くと添加物量が算出できます。
 

 

 

 

例えば、ネイチャーメイド葉酸サプリですが、
ネイチャーメイド葉酸サプリの1粒の大きさですが、
1粒300mgです。

 

ここからネイチャーメイド葉酸サプリに記載されている成分を引いいていきます。
葉酸 200マイクログラム=0.2mg

 

公式にすると

1粒の重さー成分量=添加物の量

 

となるわけです。
ネイチャーメイド葉酸サプリは、葉酸以外の成分は何も含まれていません。
他のサプリの場合は、ビタミンや鉄分、カルシウムなども含まれています。

 

成分を見てみると

ネイチャーメイド葉酸サプリの成分

成分量

炭水化物  279mg
脂質 0~100mg
タンパク質 0~100mg

 

となっていて、糖質、タンパク質はかなりアバウトな書き方になっています・・・
実際に1粒の量が300mgで炭水化物の量が279mgであれば21mgしか他の
成分が入っていないわけです。
このように大半の成分は実は炭水化物からできています。
 

ネイチャーメイド葉酸サプリの9割を占める炭水化物は赤ちゃんにとって良い成分なのか?

 

 

ちなみに炭水化物は赤ちゃんにとってあまり良くない成分です。
 
私たちのような成人になると、炭水化物を分解するアミラーゼという酵素を
体の中で作れますが、赤ちゃんや体内にいる赤ちゃんは、これらの酵素を
作ることができずに、体の中で炭水化物が酵素分解されずに腐っていくわけです。

 

実際に妊娠中お母さんの体を通っていくので、炭水化物が赤ちゃんに直接
被害を与える事はありませんが、ネイチャーメイド葉酸サプリの成分を
分解してみると99%が炭水化物であり、赤ちゃんの発育にとって何も意味のない
成分になるわけです。

 

ネイチャーメイド葉酸サプリの成分は実際にどうなの?危険or安全?

 

 

ちなみに、ネイチャメイド葉酸サプリの成分を見てみると
葉酸以外は、セルロース・乳糖・ショ糖脂肪酸エステルからできています。
ちなみにこれらは全て添加物でもあります。
セルロースは炭水化物の一種です。

 

セルロースは基本的に妊婦さんにとって無害です。
成分ですが、イモ類やキノコ類や海藻などにも多く含まれています。

 

セルロースは単体では、添加物といわずに食べ物やサプリメントに加えた時に
添加物となります。

 

ネイチャーメイド葉酸サプリの場合99%(279mg/300mg)が炭水化物なので
サプリメントのほとんどがこのセルロースから作られていることがわかります。

 

この場合ネイチャーメイド葉酸サプリにセルロースを加えているので
添加物になります。

 

乳糖

 

乳糖の成分ですが、人間から出る母乳や牛乳にも含まれる成分です。
ただ、日本人でも多いのですが、牛乳を飲んだらお腹がゴロゴロとなって下痢をする場合、
乳糖不耐症の可能性があります。

 

乳糖のサプリメントでの働きですが、その製品を固めるという働きをします。
乳糖は上でも書いたように母乳や牛乳に含まれる成分で、その成分に糖分を
追加することで、形状を固めて崩れにくくする働きがあります。

 

しかし、過剰摂取してしまうと、上記に書いたように牛乳を大量に飲んだ時の
ようにお腹がゴロゴロしてしまい下痢を起こしてしまう恐れがあります。

 

ただ、妊娠中は不思議なことに乳糖などの乳性品を消化する作業が向上します。
そのため普段は牛乳を飲んだら下痢になる人が逆に妊娠中に下痢にならなかったりと
妊娠中には特にもの乳糖も気にすることなく摂取できる成分です。

 

ショ糖脂肪酸エステル

 

こちらも添加物の一種です。
ショ糖脂肪酸エステルは乳化剤の一種で水と油を均一に混ぜてくれる働きがあります。

 

原料ですが脂肪酸メチルという成分を配合して作ります。脂肪酸メチルは植物性の油を使用しますが、
安価なサプリメントを販売している企業の場合は、ここでも遺伝子組換えをしているものを使っている
おそれがあります。

 

葉酸以外の成分、
炭水化物・脂質・タンパク質は、全てこれらの添加物から作られている
事がわかります。

 

例えば、他の葉酸サプリでベルタ葉酸サプリや美的ヌーボの場合
添加物を使用していないため、それぞれ成分表に何の野菜から作られているのかも
記載されています。

 

これを比較してわかるのですがネイチャーメイド葉酸サプリには、添加物以外の
成分は記載されていませんよね?

 

これらの事から300mg中葉酸以外の299mgは添加物という事が
算出できるわけです。
ということは99%以上が添加物でできている可能性があるのが
ネイチャーメイド葉酸サプリです。

 

このように赤ちゃんのために良いと思ってとっている
葉酸サプリも正しい知識がないと
意味がありません。

 

 

 

葉酸ってなに?

 

葉酸サプリを飲まなくてはならないというのは、
ある意味義務のようなイメージで捉えている方も多いと思います。

 

ですが、この葉酸について、詳しく知っているという方はどのくらいおられるでしょうか。

 

 

葉酸は水溶性ビタミン

 

葉酸とは、ほうれん草から発見された水溶性ビタミンであり、ビタミンB群に属します。
水に溶けやすく尿と一緒に排出されてしまうため、毎日欠かさず摂取することが大切です。

 

 

葉酸の働き

 

葉酸は、以下のような働きを担っています。

 

・赤血球を作る
・貧血を予防する
・DNAを合成する
・赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げる
・母乳の質を高める
・子宮の回復を早める

 

葉酸にはこのような働きがあり、赤ちゃんとお母さんに良い影響をもたらしてくれます。

厚生労働省は、妊娠を希望する女性、妊娠中の女性に対し、
1日に400μgの葉酸を、合成葉酸を使用しているサプリメント等から摂取することを推奨しています。

 

 

厚生労働省が合成葉酸のサプリメントからの摂取を推奨する理由

 

厚生労働省が、どうして合成葉酸を使用しているサプリメントから
葉酸を摂取することを推奨しているのでしょうか。

 

その理由は、吸収率にあります。
モノグルタミン酸型葉酸と呼ばれている合成葉酸は、
ポリグルタミン酸型葉酸と呼ばれている天然葉酸に比べ、吸収率が高いとされているのです。
その吸収率は、85%程度と言われています。

 

葉酸を摂取しても、吸収率が悪い状態のものはあまり意味がないと言えます。
効率よく吸収できる葉酸を摂取することで、確実に先天性異常のリスクを低下させることが出来ます。

 

つまり、合成葉酸を推奨する理由としては、
合成葉酸を体内に入れる危険性よりも、葉酸不足が招く危険性のほうが重大だという理由があるのですね。

 

 

神経管閉鎖障害のリスクを低下させる

 

葉酸は、神経管閉鎖障害(無脳症・二分脊椎症)のリスクを70%程度も低下させるという結果があります。
妊娠前から葉酸を摂取することで、妊娠初期に赤ちゃんの脳や脊椎が出来る段階で、
何らかの障がいが起きることを予防できるのです。

 

妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害のリスクも高まると言われています。

 

 

 

葉酸は美容や健康にも!

 

葉酸は、赤ちゃんやお母さんを守るためだけの役割があるわけではなく、
実は美容や健康にも効果が期待できると言われているのです。

 

肌のトラブルを改善する

 

葉酸には、細胞を再生させるという効果があります。
シミやシワ、乾燥、ニキビといったような肌のトラブルを改善します。
さらに、脂肪を燃焼させる効果もあるため、老廃物の排出促進にも一役買ってくれるのです。

 

 

育毛の効果がある

 

タンパク質は髪を作るために欠かせないものですよね。
葉酸はタンパク質を作り出すことが出来るため、育毛にも効果があると言われているのです。

 

 

がんを予防する

 

さらには、葉酸ががんをも予防するとされています。
葉酸には、DNAの修復という効果もあるため、DNAの損傷から起きるがんを予防出来るのです。

 

 

貧血を予防する

 

妊娠中には、赤ちゃんに必要になる栄養素や酸素を運ぶため、貧血になってしまうことがあります。
貧血を甘く見ていると、死につながってしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

 

 

じゃあどのような葉酸サプリを選ぶべきなの?

 

 

 

選ぶべき葉酸サプリの基準をここでは紹介しています。

 

添加物が含まれていないこと

 

上記でも紹介したように、安価なサプリメントの場合フタをあけてみればサプリメントのほとんどの
成分が添加物だった・・・なんてことも多々有ります。

 

合成成分か天然成分は特に関係なく大切なことは添加物を使用しているのか?
もし使用している場合成分の割りあいは適切なのか?ということに注目する必要があります。
例えば、ネイチャーメイド葉酸サプリの場合であれば、その成分の大半が添加物でしたよね・・・。

 

葉酸以外の成分もしっかりと入っていること

 

妊娠中は葉酸以外にも必要な成分があります。
まずは妊娠中多くの女性が悩まされる貧血を防ぐ鉄分、そして
お腹の中の赤ちゃんに必要不可欠な成分がカルシウムです。
カルシウムが赤ちゃんの骨や歯を作っていきます。

 

この2つの成分は食品からもとれますが、サプリメントで同時に摂取
した方が効率もよく摂取できます。

 

また、ビタミンAの量も1000mg以下である適切な量が入り、
さらには葉酸の働きを助けるビタミンB12も一緒に摂取できると尚良いです。

 

妊婦さん目線で作られていることが重要になります。

 

妊婦さん目線とは?
@飲みやすいこと
つわりの時に匂いの強いもの味の強いものはどうしても飲みにくい
傾向にあります。また粒の大きさも大きいとつわり時はとても辛いです。
A続けやすい価格であること、安価な値段の葉酸サプリは多く販売されていますが
成分の質も悪いものが大半です、ただ葉酸サプリは妊娠前から授乳時まで人によっては
1年以上飲む必要がある人もいます。
そのために続けれる価格帯であることも大切です。

 

以上の2つのことが最低限守られている葉酸サプリがおすすめです。

更新履歴